« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月24日 (水)

新企画「NEVER GIVE UP SUMMER」スタート!

デビュー35周年記念プロダクツ『35年で35曲 “夏と恋” ~夏の数だけ恋したけど~』『35年で35曲 “涙と汗” ~涙は心の汗だから~』のミックスCD2タイトルリリースの本日、新たな企画がスタート!

企画名「NEVER GIVE UP SUMMER」。

夏本番に向けてTUBE前田亘輝YouTubeでの初挑戦企画です。

ご期待ください。

NEBER GIVE UP SUMMER Episode 1」はこちらから

https://youtu.be/DTM1mHmYpx4

|

2020年6月 8日 (月)

TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2020 7月25日(土)阪神甲子園球場 公演中止と振替公演の開催調整、ならびにTUBE RIDERS 会員の皆様へのチケット払い戻しについてのお知らせ

この度の新型コロナウィルス感染拡大防止とご来場いただくお客様の安全性と健康面を最優先に考慮し、「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2020」の725日(土)に開催を予定しておりました阪神甲子園球場公演を中止し、2021年での開催調整をさせていただくことといたしました。

公演を楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、このようなお知らせとなりましたことを心よりお詫び申し上げます。

 

TUBE RIDERS先行受付で購入されたチケットにつきましては購入権利がそのまま振替公演に有効となります。

 2021年の開催に向けて関係各所と協議を進めてまいりますが、調整にお時間をいただく為、現時点で払い戻しをご希望されるお客様は下記の手順にて払い戻しのお手続きをお願い致します。

払戻し期間内に下記の情報を記載の上、TUBE RIDERS宛のメールアドレス→ koshien2020@tube.jp へ申請メールをお送り下さいますようお願い致します。

返金をご希望された方には、郵便局より払出通知票(緑色封筒)をTUBE RIDERSご登録のご住所にお送りさせて頂きます。期間内に郵便局窓口でお手続きいただきますようお願い申し上げます。

 

【払戻受付期間】202068()2020710()

 

【件名】

2020725日阪神甲子園球場返金

 

【記入事項】

1.6桁の会員番号

2:氏名

3.日中の連絡先

4.返金枚数

 

【注意事項】

TUBE RIDERSでお申込み頂いたチケットは振替公演にそのままお使い頂けます。

95日横浜スタジアム公演への変更希望は承れません。

TUBE RIDERSでご購入いただいた方は枚数単位での払戻しが可能です。(例えば6枚ご購入いただいた方も2枚払戻し、4枚振替と選択いただけます)

振替公演日程決定後、改めてお知らせするとともに、再度払戻し期間を設定させて頂きます。お待ちいただけるお客様につきましては、大変恐れ入りますが、振替公演の発表までしばらくお待ちいただくようお願い申し上げます。

コンサート中止に伴い、交通機関等でキャンセルに証明書が必要な場合は、記入事項にキャンセルに伴う証明書発行の希望をご記入下さい。

 

 今後の公演に関しましても、引き続き政府や関係諸機関等状況を注視しながら対応を進めて参ります。

|

2020年6月 5日 (金)

本日は二十四節気(夏)の芒種の日。梅雨明けが待ち遠しいこの時期に、 夏の定番、TUBEのデビュー35年企画プロダクツとして、オリジナルアルバムのジャケット、作品詳細が一挙公開!

デビュー35年記念プロダクツのミックスCD2枚と5年ぶりのオリジナルアルバムのジャケット、作品詳細を合わせて公開。


オリジナルアルバム『日本の夏からこんにちは』は、昨夏にTVCMで使用され話題となり、既にライブでの定番曲となりつつある人気曲『いただきSummer』、関西レゲエシーンで活躍する寿君とのコラボ楽曲でFM大阪50周年アニバーサリーソング『知らんけど feat.寿君』、さらに2018年シングル『夏が来る!』、カップリングの『潮風の中で』を含む全12曲を収録。
タイトルチューンの『日本の夏からこんにちは』を筆頭に「日本全国の夏」をテーマに盆踊り、POPSからTUBEの王道チューンまで網羅した、ジャンルの枠を越えたバラエティ豊かな内容。

ジャケットは35年間の様々なメンバー写真とリモートによる自撮り写真をコラージュした、メモリアル感がありながら、配慮と工夫を凝らしたTUBEらしい遊び心溢れる作品となっている。


さらにデビュー35周年記念プロダクツ『35年で35曲 “夏と恋” ~夏の数だけ恋したけど~』『35年で35曲 “涙と汗” ~涙は心の汗だから~』のミックスCD2作は、“夏と恋” “涙と汗”をというTUBEの音楽性の根幹を成す2つのコンセプトで、それぞれ35曲ずつノンストップで繋いだ作品。DJ和がミックスを手掛け、夏のマストアイテムになること必至のタイトル。

ジャケットは“夏と恋”のハート型、“涙と汗”の涙型フォルムにコンセプトを連想させるアイテムを詰め込んで形作られ、
洗練された中にTUBEらしい温かさが印象的な仕上がりとなっている。

【リリース情報】 
TUBE New Album 『日本の夏からこんにちは』
2020年7月8日(水)発売

■完全生産限定盤(CD + DVD + ジグソーパズル)  品番: AICL-3915~7 / ¥4,400+税
  DVD:昨年行われたファンクラブイベントの模様の一部現在行われているレコーディングの密着映像を収録
  ジグソーパズル:ジャケット絵柄のジグソーパズル
■初回生産限定盤(CD + DVD)  品番: AICL-3918~9 / \3,800+税
  DVD:昨年行われたファンクラブイベントの模様の一部現在行われているレコーディングの密着映像を収録
■通常盤(CD) 品番: AICL-3920 /\3,000+税




【楽曲詳細】

M01. 日本の夏からこんにちは
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M02. 夏が来る!
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M03. 湘南バットボーイ
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M04. 知らんけど feat.寿君
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M05. GOD’S BREATH
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M06. 潮風の中で
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M07. 君がいるから
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M08. 自由への卒業
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M09. 夏のDeja Vu
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE & 佐藤晶

M10. MY BLUE HEAVEN
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M11. いただきSummer
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE

M12. Route 567
作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉 編曲:TUBE


ご予約はこちらから
https://smar.lnk.to/WlyuRfuXIn


『35年で35曲 “夏と恋” ~夏の数だけ恋したけど~』 
2020年6月24日(水)発売
■通常盤 (CD) 品番: AICL-3913 /\2,000+税



【楽曲詳細】
M01. Only You 君と夏の日を
M02. Beach Time
M03. いただきSummer
M04. 夏を抱きしめて
M05. あー夏休み
M06. だって夏じゃない
M07. 灼熱らぶ
M08. 夏番長
M09. ノッてけ ‘92
M10. LOVE BEACH
M11. 僕達だけのSummer Days
M12. I’m in love you, good day sunshine
M13. 海の家
M14. Let's go to the sea~OASIS~
M15. SUMMER DREAM
M16. ひまわり
M17. ゆずれない夏
M18. Horizon
M19. きっと どこかで
M20. あの夏を探して
M21. 抱きしめてAgain
M22. ビコーズ・アイ・ラブ・ユー
M23. サザンクロス
M24. 夏を待ちきれなくて
M25. Remember Summer
M26. シーズン・イン・ザ・サン
M27. 月と太陽
M28. さよならイエスタデイ
M29. 恋してムーチョ
M30. -純情-
M31. ガラスのメモリーズ
M32. それでも恋は素敵
M33. MADE IN SUMMER
M34. Naturally
M35. 夏よありがとう

ご予約はこちらから
https://smar.lnk.to/d18p7qlmIn


『35年で35曲 “涙と汗” ~涙は心の汗だから~』
2020年6月24日(水)発売
■通常盤 (CD) 品番: AICL-3914 /\2,000+税



【楽曲詳細】
M01. -花火-
M02. Miracle Game
M03. 傷だらけのhero
M04. 暗闇をけとばせ
M05. LET'S JUMP
M06. イケ イケ '93
M07. 一気・本気・元気
M08. Say Hello
M09. Lonely Revolution
M10. IN MY DREAM
M11. Smile
M12. SKY HIGH
M13. 涙を虹に
M14. VICTORY
M15. WINNERS HIGH
M16. Ding! Dong! Dang!
M17. You’ll be the champion
M18. Teenage Wars
M19. Go Ready Go
M20. Keeping The Face
M21. 終わらない夢に
M22. Tomorrow's Dream
M23. Yheei!
M24. この胸のRainbow
M25. Smile And Peace
M26. 泣いちゃえば
M27. みんなガンバレ
M28. My Hero
M29. 壊れかけのMy Soul
M30. FACE THE BIG WAVE
M31. いつかの僕よ…
M32. そんなもんさ
M33. Someday
M34. Rock On The Way
M35. Keep On Sailin’


ご予約はこちらから
https://smar.lnk.to/D0BUZpbnIn



|

2020年6月 1日 (月)

2020年7月25日TUBE阪神甲子園球場公演中止のご案内

いつもTUBEを応援頂き、誠にありがとうございます。

525日をもって晴れて緊急事態宣言が全面解除になったと同時に、政府より新型コロナウイルス対策の基本的対処方針が改定されました。それにより休業要請の段階的緩和も発表されましたが、屋外イベントにおいて725日の段階では上限人数の緩和は5,000人にとどまる結果となりました。

5年ぶりの阪神甲子園球場公演の開催に向け、ソーシャルディスタンスを守っての配席、分割での入退場等々、開催に向けての数ある課題を何とか解決したいと取り組み、皆様に心から楽しんで頂けるにはどうすればよいか模索して参りました。しかしながら、今の状況下での開催決行は甚だ難しく、苦渋の選択ではありますが2020725日の阪神甲子園球場でのライブは中止させて頂くという結論に達しました。開催に向けての解決策の検討を重ねることに時間を要してしまい、ここまで楽しみに待って下さった方々、発表が遅く不安や苛立ちを覚えていた方々、様々なご意見や思いがあると存じますが、結果的にこの様な決断に至りました事を深くお詫び申し上げます。

中止の決定と同時に、2021年の開催に向け関係各所協議を進めて参ります。ライブに参加する事に対する不安要素を全て取り除き、本当に心から楽しんで頂ける公演を準備して参りますので、決定した際にはいち早く皆様にご報告させて頂きたいと思います。その日をどうぞ楽しみにお待ち頂ければと存じます。改めまして楽しみにして下さった皆様には心よりお詫び申し上げると同時に、苦渋の決断に至りました事を何卒ご理解賜れますと幸いです。

株式会社WHITE MUSIC

※現時点でチケットの払戻しをご希望の方につきましては、各所確認調整中のため68()に改めて公式ホームページ等で発表させて頂く詳細に従ってお手続き下さいますようお願い申し上げます。

|

僕らの音楽を愛してくれる全てのファンの皆さまへ

今から35年前の198561日に僕たちはデビューをしました。

 

デビュー直後には真夏の湘南の砂浜でライブをし、翌年には北海道12か所を皮切りに全国ツアーを回りました。当時は楽器車に同乗し楽器の上げ下ろしをしながらツアーを回っていたのですが、車内で聞いていたラジオリクエスト番組から“今週の1位は「シーズン・イン・ザ・サン」”とコールされ初めて1位を獲得したと聞いた時の驚きと喜びは今でも鮮明に覚えています。その後、日比谷野音、今はなき大阪球場、読売ランドEAST1988年には今では夏の恒例行事となり32年続いている横浜スタジアムでの初ライブ、デビュー15年記念に行った2000年日本人初のアロハスタジアムでのライブはみんなと共に楽しみ成功に終わりました。Seaside Vibrationでは海岸に屋台や遊園地、ビーチバレーやジェットスキー、お子様やご家族にも海でのライブを楽しんで頂いた笑顔が目に浮かんできます。最近では2015年の甲子園球場で皆さんとメキシカンウェーブのギネス記録を共に作りましたね。まだ鮮明に覚えている方も多くいらっしゃるかもしれませんが3年前の横浜スタジアムでの落雷で1時間半にわたる中断にも関わらず残っていてくれて再開した時のあの感動が今でも心に残っています。ここでは語りつくせない程たくさんの思い出や出来事があり思いは尽きません。

 

35年間変わらずに支えてくれている皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまの温かい応援のおかげで、デビューから変わらぬメンバーのまま今日を迎えることが出来、改めてTUBEは幸せなバンドだと思います。本当にありがとうございます。

 

さて、2020年日本だけでなく世界中をも巻き込む新型コロナウィルスという未だかつてない感染症が蔓延しています。5年ぶりのオリジナルアルバムの制作も中断を余儀なくされましたが、インターネットを駆使し慣れないリモート会議や接触を最低限に抑えた制作の末、無事お届けすることが出来そうで安心しています。僕たちに出来ることは音楽を制作して届けること、ライブで音楽を一緒に楽しむこと、ただそれだけです。不自由な生活が強いられていた家庭内自粛期間において少しでも音楽が皆さまの励みになっていたら嬉しいです。そして、国内における緊急事態宣言が解除され平穏な日常を取り戻そうとしている今、これ以上この感染症が拡大せず終息していくことを心から願うばかりです。

 

先月、高校球児の夢の舞台である夏の甲子園の中止が決定されました。高校生活は人生の中で限られたたった3年間しかありません。全国の高校球児がその限られた3年間の為にどれだけの努力をしてきたか・・・ニュースで高校球児や監督の涙を目にし、本当に胸が詰まる思いでした。高校球児だけでなく、オリンピックの延期やJリーグの中断、プロ野球の開幕延期等全てのアスリートが影響を受けているのが現状です。

 

それはスポーツ界に限らず僕たちエンターテインメントに携わる人間も同じです。これまでに多くのアーティストのライブやツアー、音楽フェスの中止や延期が相次いで発表されました。それはもちろん他人事ではなく、何とか中止や延期を避け予定通りライブを開催する事が出来ないかと最善の方法を探し続けてきました。しかし、現段階の政府の方針では甲子園球場でのライブ規模は休業要請の段階的緩和のステップには当てはまらず、81日の移行期間終了を待ったとしても十分な距離の確保が求められる結果となりました。毎年ライブを楽しみにして下さっている皆さまには本当に申し訳なく、断腸の思いではありますが、この結果を受け今年の甲子園球場ライブの中止を決定させて頂きました。例え今年無理をしてライブを行ったところで、きっと皆さんは心から楽しむ事が出来ないのではないかと思います。せっかくライブを開催するのなら、一緒に思いきり楽しんでほしいというのが僕たちの思いです。この決断に至るまで、中止・延期の決定が遅いとお叱りのお言葉もたくさん頂きました。本当に申し訳ございません。ご来場下さる皆さまを始めスタッフやライブに関わる全ての方々の健康と安全を考慮するまでに時間がかかり、またこの様な苦しい判断となりました事、心よりお詫び申し上げます。今年行うはずであったライブよりもさらにお楽しみ頂けるよう、2021年の開催を目標にじっくりと時間をかけて準備を進めて参りますので、それまでどうか楽しみにお待ち頂ければと思います。

 

健康そして笑顔で皆さまとライブで会える日を心から楽しみにしています。


2020
6月1日

TUBE

 

 

|

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »